トリコモナスは女性が感染することが多く、性器のかゆみやおりものの変色、尿道炎などの症状が発生します。男性が発生することは非常に稀な病気です。トリコモナス原虫が原因で、主な感染原因は性行為によるものが多いとされています。こちらではトリコモナスの症状や治療法、症状が似ている他の性病について紹介していきます。

感染力の強い性病にはクラミジアがある

クラミジアは、1回の性行為で50%の確率で感染するほど感染力が強く日本国内に100万人以上の感染患者がいるとされ、妻帯者に比べて短期間でセックスパートナーの変わる若年層に感染患者が多い特徴が見られる性病です。
クラミジアは、病原菌クラミジア・トラコマチスに感染する事で感染します。
人間の粘膜から離れた乾燥した環境では比較的短時間で感染能力を失うので間接的な接触感染リスクは低く、病原菌のクラミジア・トラコマチス菌が粘膜や皮膚、微細な傷口から侵入してしまうセックスによる感染がほとんどです。

性器と性器による一般的なセックスだけで無く性器と肛門によるアナルセックスや性器と口によるオーラルセックスなどすべてのセックスで感染リスクがあります。
クラミジアは、感染力が強いだけで無く、発症初期に自覚症状の無い感染患者が多い事が原因で感染に気付かないままセックスを繰り返し感染を拡大します。
そして適切な治療が遅れ、特に女性の感染患者では重症化してしまう事が多い性病です。

クラミジアは、1週間~3週間程度の潜伏期間を経て発症しますが、感染患者の約5割に自覚症状が現れる男性患者と約8割が無症状の女性の感染患者とでは症状が大きく異なる性病です。
男性では、尿道で病原菌のクラミジア・トラコマチス菌が繁殖して灼熱感を伴う強い排尿痛や膿の排出などの症状が現れる急性尿道炎を引き起こします。
クラミジアに起因する急性尿道炎は自覚症状が無く放置してしまう事が多く、さらに尿道から上行感染してしまい高熱や強い下腹部の痛みを伴う前立腺炎や精巣上体炎を発症する事もあります。
女性では、膣内や子宮頸管部粘膜で病原菌のクラミジア・トラコマチス菌が繁殖し不正出血やおりものの異常などの症状が現れる膣炎や子宮頚管炎を発症します。
体調不良時や生理不順時の症状と勘違いしてしまい放置してしまいます。

クラミジアは、発症初期の膣炎や子宮頸管炎などを放置すると病原菌のクラミジア・トラコマチス菌が子宮から卵管や腹膜、肝臓の周囲まで感染患部を拡大してしまいます。
その結果、卵管炎や骨盤内炎症性疾患、肝周囲炎を発生させてしまい、子宮外妊娠や流早産、不妊症の原因となってしまいます。
妊婦の感染患者は、出産時の産道感染により胎児が感染してしまうリスクが非常に高く、胎児が感染した場合には結膜炎や肺炎を発症する事があります。

感染の確立の高いクラミジアの治療方法

クラミジアは、自覚症状が無い患者が多く発症初期に診断及び治療を受ける感染患者が少ないのが現状です。
無症状でもパートナーと2人揃って定期的に専門医の診断を受け感染時には早期の治療が望ましく、ジスロマックなら感染力の強いクラミジアの治療も1回の服用だけと非常に簡単な治療法で完治が可能です。
ジスロマックは、マクロライド系抗生物質のアジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害剤であり、従来のマクロライド系の治療薬に比べて服用回数が少ないメリットがあります。

ジスロマックは、タンパク質を合成するリボゾームを構成するサブユニットが人間と病原菌のクラミジア・トラコマチスでは異なる事を利用した治療薬です。
主成分のアジスロマイシンが病原菌の50Sサブユニットと選択的に接合する事でタンパク質の合成を阻害する医薬効果を示す一方で人間の60Sサブユニットと40Sサブユニットとは結合しない事から副作用が少なく安全性の高い治療薬としてクラミジア治療の第一選択薬となっています。

副作用は、人間の細胞に影響が無い事から胃痛や下痢などの比較的軽症の胃腸症状がほとんどです。
医薬効果の高い抗生物質なので体質や既往歴によっては極稀にアナフィラキシー・ショックや肝機能障害、大腸炎などの重い副作用を発症する事があります。

ジスロマックの使用方法は、一般的には1日1回アジスロマイシン換算で500mgの服用を3日間継続しますが、ジスロマイシン換算で1,000mgを1回だけ服用する使用方法もあります。
クラミジアに起因する尿道炎や子宮頸管炎の治療でも同様に1,000mgを1回だけ服用します。
ジスロマックによる治療法は、ジスロマック自体が医薬効果が高い治療薬なので比較的短期間で症状の改善が見られます。
自己判断で服用を中断すると完治しておらず症状がぶり返すだけで無く病原菌が耐性を獲得してしまうリスクがあるので、専門医から処方されたジスロマックはすべて用法用量に従って飲み切る必要があります。