トリコモナスは女性が感染することが多く、性器のかゆみやおりものの変色、尿道炎などの症状が発生します。男性が発生することは非常に稀な病気です。トリコモナス原虫が原因で、主な感染原因は性行為によるものが多いとされています。こちらではトリコモナスの症状や治療法、症状が似ている他の性病について紹介していきます。

トリコモナスの治療薬ハイシジンのジェネリック

トリコモナスの治療薬としてハイシジンは有名ですが、後発医薬品として安いジェネリックがあります。
チンビスタはチニダゾールを主成分にした薬剤で、トリコモナス原虫を除去する作用がありトリコモナス膣炎などの治療に使われている薬です。

トリコモナス膣炎は女性の膣や尿道などにおいて寄生虫の一種「トリコモナス原虫」が感染し発生する病気で、主に外陰部が痛んだり痒くなります。
排尿時の不快感や泡立ったおりものなどが増えるといった症状があるでしょう。
先発医薬品のファシジンやハイシジンと同じ成分なので同じ効果があり、ジェネリック医薬品という理由から安価で購入することができます。

服用方法や使用方法は500mg錠を1日1回あたり4錠服用します。チンビスタには重い副作用はないとされているので安心です。
トリコモナス原虫がまだあると確認された場合もう一度500mg錠を1日1回あたり4錠服用します。

チンビスタの副作用はほとんどないですが、まれに食欲不振や胃の不快感、吐き気や頭痛、眠気や発疹などを起こすことがあるでしょう。
症状がひどい場合は医師に相談すると適切に対処してくれます。
チンビスタの注意事項にはアルコールと併用すると悪酔いすることがあるので注意が必要です。
そのため腹痛や頭痛、動悸や紅潮などの不快な症状を起こすことがあるので、服用中や服用後3日間くらいはアルコールを避けましょう。

妊娠初期の人はなるべく服用を避けるようにすることをおすすめします。
トリコモナス膣炎の他に下痢や胃のけいれんなどを引き起こす腸の感染症「ランブル鞭毛虫症」や「アメーバ症」などにも効果があり、これらの感染症の患者にもこの薬が処方されるケースもあります。
比較的リーズナブルな価格で購入することができるので、幅広い世代の人に人気がある薬です。
インターネットなどを利用すると安価で購入することができ、効率良く短期間で症状を抑えたり改善することができるでしょう。

ジェネリック医薬品の安さの秘密

ジェネリック医薬品は医療用医薬品で使われる言葉で、後発医薬品とも言われていて先発医薬品の特許期間が終了した後に製造したり販売することができます。
先発医薬品は先に開発したり販売された医薬品で、研究開発された新有効成分の新薬です。
ジェネリックは先発医薬品と同じ成分を同量含んでいて、先発医薬品と同じ効果や安全性があるとされています。
基本的に効能や効果、用法や用量は先発医薬品のものと同じで、ジェネリックは先発医薬品と比較して3割~7割ぐらい安い値段で購入することが可能です。

価格の安さの秘密には医薬品が販売されるまでの期間や費用の差にあり、先発医薬品はその有効性や安全性などに関して動物実験や臨床試験などの数多くの研究を行っています。
医薬品ができるまで数十年の期間を必要していて、その費用も数百億円ぐらいかかると言われています。
ジェネリック医薬品の場合は先発医薬品によりその有効性や安全性が既に確認されているので、研究開発にかかる時間が短く費用も抑えることができる理由から先発医薬品に比べるとジェネリック医薬品の値段は安くなるのです。

トリコモナス治療薬であるハイシジンのジェネリックにはチンビスタなどがあり、チニダゾール錠のジェネリック医薬品になります。
トリコモナスを治療するのにいろいろな種類の薬剤がリリースされているので、ジェネリック医薬品を利用することによってコストを抑えて治療を継続することが可能です。
副作用もいくつかあるので、アルコールとはいっしょに摂取しないよう服用方法をきちんと守り適切に服用すると効率良く症状を改善することができます。
世界中にはいろいろな種類のジェネリック医薬品が存在していて幅広い世代の人が利用しています。