トリコモナスは女性が感染することが多く、性器のかゆみやおりものの変色、尿道炎などの症状が発生します。男性が発生することは非常に稀な病気です。トリコモナス原虫が原因で、主な感染原因は性行為によるものが多いとされています。こちらではトリコモナスの症状や治療法、症状が似ている他の性病について紹介していきます。

かゆみの出る性病はなにがある?

かゆみのある性病には、カンジダやトリコモナス、尖圭コンジローマやケジラミ症、亀頭包皮炎や外陰炎、疥癬、いんきんたむしなどの性病があります。

カンジダは女性に多い病気で、5人に1人は感染すると言われています。
カンジダの原因菌であるカンジダ菌は、身体の中に常在している菌の一種ですので、誰でも持っています。
ヨーグルト状のおりものが出てきたり、おりものの量が多かったりする他、かゆみが酷すぎて夜も眠れないときもあります。

ケジラミ症は、吸血性昆虫であるケジラミが寄生することによって発症します。
主な症状はケジラミの寄生した部分のかゆみです。主な寄生部分は陰毛ですので、外陰部や恥骨の周囲にかゆみを感じることが多いです。
感染してからすぐにかゆみが出ることは少なく、感染してから約1ヶ月から2ヶ月の間に自覚するようになります。

亀頭包皮炎は、ペニスが炎症を起こす男性特有の病気です。細菌や真菌が増殖してしまうことで発症しますが、すぐには症状は現れません。
亀頭が赤く腫れていき、悪化するに従いただれてきます。かゆさも感じるようになり、赤い発疹が出てきたり膿が出て水ぶくれのように腫れることもあります。

外陰炎は、女性の外陰部である大陰唇やその周辺に炎症が起きてしまう病気です。主な理由症状は、かゆみや腫れ、排尿時や性交時に痛みが生じたりします。
症状がさらに進んだら、我慢できないぐらいのかゆみに加えて外陰部が赤くただれたり、皮膚が乾燥してカサカサな状態になってしまうこともあります。

疥癬は、ヒゼンダニが原因で激しいかゆみのある米つぶの半分ぐらいの赤いブツブツやしこりができたりします。
ミミズ腫れのような発疹が出る場合もあります。

いんきんたむしは、男性に多い病気です。
感染すると股間部に小さなブツブツや水ぶくれなどの症状が出てきます。
その後は赤みが増してだんだんと弓状に外側へ広がっていきます。ひどいかゆみを伴いますので掻き過ぎに注意しましょう。

あまり聞かないかゆみのある性病

このように、かゆみを伴う性病はあまり耳にする機会はありません。そこでそれぞれの性病の症状の傾向やケアについて、検討しましょう。
カンジダは常在菌のため、身体の免疫機能が落ちると再発を繰り返す傾向があります。ガンなどの慢性病の治療中には、性器を清潔にすることに注意して下さい。

若年性患者の多い性病の中にあって、トリコモナスは比較的高年齢の方にも患者が見られるなど、誰でも罹患する可能性があります。
オリモノの形状やニオイの変化が顕著で、痛みも強い等の特徴を持っています。

小さなイボが多発して、しばしばカリフラワ状に成長することもあるのが尖圭コンジローマです。
かゆみなどの自覚症状に乏しく、むしろ形状の変化に着目しましょう。可能性は低いですが発ガン性のリスクを持っています。

ケジラミ症は陰毛同士の接触が原因となって発症しますが、はげしい痒みが主な症状です。
痒みが激しく、掻き過ぎて傷口になってしまうほどですが、発疹を伴わないと言う特徴を持っています。
同様に激しい痒みを主訴にするのが、疥癬です。
性器だけでなく、軟らかい皮膚であれば、何処にでも住みつく可能性があり、「疥癬トンネル」と言う独特の皮膚病変を伴います。
性行為はもちろん、最近では高齢者施設での集団感染も問題視されています。

いんきんたむしは、水虫などの原因となる白癬菌が、性器に感染することで発症します。
カビの一種であるため、高温多湿になる夏場に症状が現れる傾向があります。男女比では男性患者が多く、赤い発疹と激しい痒みが主な症状です。

男性特有の亀頭包皮炎は性行為だけでなく、小さいキズが下着とこすれることで炎症を起こす場合もあります。
女性特有の外陰炎は、大腸菌やカンジダなどの感染性のものと、下着などの接触性のものが見られます。
亀頭包皮炎も外陰炎も、性器やその周辺を、程度に清潔に保つことがポイントです。